アフィリエイト広告を利用しています

家電量販店の安いランキング!まとめ買いおすすめは?売上に店舗数も!

家電量販店 安いランキング まとめ買いはどこがおすすめ生活家電

家電製品を購入する際、適切な価格以上に安い価格で購入するためには、時間をかけて価格比較を行い作戦を立てる必要があります。

しかし、

  • 家電量販店のどこが一番安いのか?
  • 最安値で購入するにはどうすれば良いのか?
  • 私の場合はどこの量販店を選ぶべきか?

気になりますよね。

そこで、家電量販店でのショッピングを最大限に活用するための秘訣と、各店の売上高と店舗数を調査し、まとめ買いをおすすめする順位付けを行いました。

この記事では、どの家電量販店が最も安価で、まとめ買いが最も有益なのか、紹介します。

家電量販店ランキング

この情報を活用すれば、家電製品の購入プロセスが合理化され、さらに財布に優しいものになることでしょう。

それでは、家電量販店の価格競争とまとめ買いおすすめランキングをご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

家電量販店はどこが安い?

どこの家電量販店が最もコストパフォーマンスに優れているかを見てみましょう。
総括すると、ヤマダ電機の公式オンラインショップ「ヤマダモール」が他を凌いで最も安いと思います。
彼らは驚くほど競争力のある価格を提供しています。
ヤマダ電機は、他の店舗やネット価格に対抗することをお店の方針としており、さらに興味深いサービスとして、オンライン上で価格交渉が可能です。
自宅から出ずに価格を交渉できるので、他の店とオンラインで比較しながら交渉できます。
ヤマダ電機の利点:
  • 家電量販店売上第1位!
  • 家電製品が圧倒的にリーズナブルである。
  • オンラインで価格交渉が可能。
  • ポイント還元率は通常10%。
ポイント還元率も通常10%であり、他の家電量販店に対抗しています。価格を重視する場合、ヤマダ電機の公式オンラインショップを試してみる価値があります。
事前調査と価格交渉で間違いなく最安値が出てくるはずです。

■公式サイト

家電を買うならヤマダモール

 

家電まとめ買いはどこが安い?

家電をまとめて購入することで、お得にショッピングする人が多いですね。

家電をまとめ買いする際に、最も経済的な選択肢は「ビックカメラ」です。

「ビックカメラ」は、さまざまなキャンペーンを実施しており、特に家電まとめ買いキャンペーンでは10%OFFなどを頻繁に提供していますので、お得にショッピングできます♪

 

買い替え祭りで下取り利用も有効ですね。

(参考:ビックカメラ キャンペーン情報

 

その他の家電量販店は?

ヤマダ電機、ビックカメラ以外の店舗も、魅力的な特長やメリットを提供しています。ポイントの倍率や割引率などは、各家電量販店ごとに異なります。

但し、地の利は大変大きな要因ですので、出来れば近くのお店を優先して選びたいところです。

したがって、自身に適した家電量販店を選ぶことが非常に重要です。

様々な店舗で同様のキャンペーンをやっているので、ぜひチェックしてみてください。

私の友人はケーズデンキの決算セール中にエアコンをまとめ買いし、2台買って、セール価格から更に3万円OFFで購入出来ましたよ!と言っていました。彼はケーズデンキ派のようです。

ビックカメラ程の頻度ではありませんが、まとめ買いセールも実施されますので、お近くのケーズデンキに立ち寄ってみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

家電量販店ごとの特徴と違い

ここからは各家電量販店の特徴についてご紹介していきます。

家電量販店によって主に4つの箇所が違います!

家電量販店の違い

・値引きのしやすさ
・ポイント還元率
・アフターサービス
・無料保証年数

家電量販店は商品を売って終わりではありません。

商品の設置や商品保証などのアフターサービスで差別化を図っています。

保証の長さも1年から5年など幅広く、物を壊しやすい方はアフターサービスの違いも検討すべきです。

ポイント還元率もお店によって違います。ポイント制度がない家電量販店も存在します!

多くの家電量販店は10%還元です。ここがひとつの目安ラインと言えます。

ヤマダ電機の特徴

最初におすすめするのは、ヤマダ電機です。

ヤマダ電機は全国各地に多くの店舗があり、地域に根付いています。ヤマダ電機を選ぶと、以下のメリットがあります:

  • 送料: 0円
  • 振込手数料: 無し
  • ポイント倍率: 10%
  • 保証期間: 3〜5年

特に注目すべきは、長期の無料保証期間が最低3年で、ポイント倍率も10%という点です。価格も競争力があり、他の家電量販店に比べて大きく劣る要素はほとんどありません。ただ、唯一のデメリットとして挙げるならば、店員の数が少ないことです。店舗を訪れると、時折、人員不足の状況が見られることがあります。

この課題を補完するために、ヤマダ電機は公式オンラインショップ(ヤマダモール)に注力しています。店舗での対応に不安を感じる方や、オンラインで買い物を希望する方にとって、公式オンラインショップは優れた選択肢となります。ぜひチェックしてみてください!

 

ヨドバシカメラの特徴

ヨドバシカメラは、専門性と特別な商品に焦点を当てているのが特徴です。彼らは幅広い品揃えを誇り、他の電器店ではあまり見かけない商品、日常生活用品にも注力しています。

送料: 自己負担
振込手数料: 自己負担
ポイント倍率:10%
保証期間:1年

さらに、ヨドバシカメラの店員は非常に高い品知識を持っており、あなたのニーズに合った商品を選び出すのに役立ちます。

ただし、ヨドバシカメラのデメリットは、店舗数が比較的少ないことです。ほとんどの店舗は大都市の駅前に位置しており、郊外にはほとんど存在しません。地方や郊外に住んでいる方々にとって、アクセスが難しいことがあります。機会があれば、ヨドバシカメラの店員の高い品知識とサービス品質を体験してみる価値があります。

 

ビックカメラの特徴

送料: 宅配買取なし
振込手数料: 振り込み対象外
ポイント倍率:10%
保証期間:1年

ビックカメラ-店舗案内はこちら

 

ケーズデンキの特徴

新製品が安いケーズデンキ♪

送料: なし
ポイント倍率:なし(5%の現金値引き)
保証期間:3〜10年

ケーズデンキは新製品の価格が魅力的で、CMソングが印象的な店舗です。
この店舗の特徴は、アフターサービスを非常に重要視していることです。他の電器店をしのいで、アフターサービスの満足度で1位に輝いています。
さらに、ケーズデンキはこの中で唯一、現金割引率が売りとなっています。

ポイントをためる代わりに、年会費無料のカードを持っていると5%の現金割引を受けることができます。現金を節約したいと考える方にはおすすめです。

また、ケーズデンキは店員に販売ノルマを課さないという点も注目に値します。

更に、今回ご紹介する中で唯一の現金値引き率が売りです。

ポイントが無い代わりに、年会費無料のカードを持っていると5%の現金値引きが受けられます。

とにかく支払う現金を安くしたいという方にオススメです!

ケーズデンキ-店舗案内はこちら

家電量販店での値引き交渉のコツ(内部リンク)はこちらから↓

家電量販店での値引き交渉のコツ!やるべき事とやってはいけない事?限界は?
家電量販店での値引き交渉は、賢く買い物をするための重要なスキルです。この記事では、家電をお得に購入するためのコツを詳しく紹介します。購入前に押さえておくべきポイントや交渉のタイミング、家電の購入において知っておきたい情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

家電量販店のいろいろなランキング

家電量販店の色々なランキングを紹介します。

一番最後に独自のおすすめランキングを書いています。

 

2023年度 家電量販店 売上ランキングTOP10

2023年度の家電量販店の売上ランキングTOP10をご紹介します。

それぞれの家電量販店の売上、店舗数、1店舗の平均売上を記載しています。

売上的にはヤマダ電機が抜け出ている感じです。
次いで、ビックカメラケーズ電機エディオンヨドバシカメラがほぼ近い数字が並んでいます。

大きいお店に行くのがおすすめですので、売上高が大きいところは基本的におすすめですね。

順位企業名売上高店舗数1店舗の平均売上
1ヤマダ電機(ヤマダHD)1兆7,525億円68525.6億
2ビックカメラ8,479億円45188.4億
3ケーズホールディング7,925億円52815.0億
4エディオン7,681億円11996.4億
5ヨドバシカメラ7,046億円24293.6億
6ノジマ5,233億円26819.5億
7ジョーシン(上新電機)4,491億円22919.6億
8コジマ2,882億円14020.6億
9ベスト電器1,471億円1698.7億
10キタムラ1,124億円6371.8億

※青字は前年比増、黒字は横ばい、赤字は前年減
※ビックカメラ、コジマは8月決算 他は3月決算

 

売上高を店舗数で割った時の1店舗の平均売上額を算出しますと、

ヨドバシカメラが飛び抜けて第1位。

次いで、ビックカメラが第2位

以下、ヤマダ電機、コジマ、ジョーシン、ノジマ、ケーズ電機が近い数字で並んでいます。

大きいお店に行くのがおすすめですので、店舗の売上高が大きいところは基本的におすすめですね。

ヨドバシカメラは1店舗あたりの売上が大きいのでおすすめです。

 

店舗別売上TOP10

店舗毎の売上調査したのですが、新しいものが見つかりませんでした。下の数字は量販店に詳しい方がまとめた8年前の参考情報です。大都市の大きな家電量販店が並んでいます。

8年前はヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機の順番だった様ですね。但し、この数字は前で紹介した1店舗の平均売上額に合致する内容ですので、傾向は間違いない情報と判断しています。

1位 ヨドバシカメラ梅田・・・・・1100億円
2位 ヨドバシカメラAkiba・・・・ 930億円
3位 ヨドバシカメラ新宿西口本店・ 900億円
3位 ビックカメラ有楽町店・・・・ 900億円
5位 ヤマダ電機LABI1日本総本店・ 800億円
6位 ビックカメラ新宿西口店・・・ 600億円
6位 ビックロ新宿東口店・・・・・ 600億円
8位 ビックカメラ池袋本店+パソコン館・・ 550億円
8位 ヨドバシカメラ横浜・・・・・ 500億円
10位 ヨドバシカメラ川崎・・・・・450億円

ん〜〜。ヨドバシですね!!

 

家電量販店で得られる基本的な還元率一覧

家電量販店で得られる基本的な還元率を紹介します。

色々な条件が設定されていますので、それに合う購入の仕方が必要です。指定クレジットカードや現金などでポイントが貰えます。但し、指定クレジットカード以外を使用すると還元率が2%ほど下がってしまますので注意が必要です。

ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ベスト電器、ソフマップは10%のポイント還元です。

ケーズデンキは、あんしんパスポート(無料)への加入で、5%の現金値引きになっていますので、とにかく現金を使いたくない方にはメリットが大きいです。

家電量販店基本還元率条件
ビックカメラ10%現金
ビックカメラグループクレジットカード
ビックカメラ・コジマの商品券&ギフトカード
J-Debitカード
電子マネー・モバイル決済他
代金着払い
ヤマダ電機10%現金
ヤマダ電機クレジットカード
J-Debitカード
ヨドバシカメラ10%現金
ヨドバシゴールドポイントプラス
J-Debitカード
電子マネー
ベスト電器10%現金
ベスト・ジャックス・JCBカード
J-Debitカード
ソフマップ10%現金
ソフマッププレミアムCLUBカード
J-Debitカード
ケーズデンキ5%あんしんパスポート
エディオン1%エディオンカード
Joshin1%現金
Joshinクレジットカード
J-Debitカード
QRコード決済
コジマ1%現金
コジマ×ビックカメラカード
J-Debitカード
ノジマ1%現金
ノジマエポスカード
J-Debitカード

注意: 指定の条件を満たすことで高い還元率を得られますが、指定条件を満たさない場合、還元率が低くなることがあります。クレジットカードや会員カードの利用など、各店舗によって条件が異なるため、購入前に確認が必要です。

 

満足度の高い家電量販店ランキング

マイナビ調べによる満足度の高い家電量販店ランキングを紹介します。

満足度の高い家電量販店ランキング

1位 ヤマダデンキ(20.0%)
2位 ヨドバシカメラ(12.8%)
3位 ケーズデンキ(12.1%)
4位 エディオン(10.7%)
5位 ビックカメラ(8.9%)
6位 ジョーシン(上新電機)(8.5%)
7位 ノジマ(4.9%)
8位 コジマ(4.5%)
9位 ベスト電器(1.4%)
10位 アプライド(0.8%)

このランキングでは、ヤマダデンキが圧倒的な1位を獲得しており、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、エディオンがその後に続いています。

各家電量販店のサービスや品揃え、価格競争力などが顧客満足度に大きな影響を与えていることが分かります。

ヤマダデンキが高い評価を受けていることが特筆されます。

 

おすすめの家電量販店ランキング

オリコン調べのおすすめの家電量販店ランキングまとめを紹介します。

 

おすすめの家電量販店ランキングまとめ

  • 1位 ヨドバシカメラ 74.2点
  • 2位 ケーズデンキ 73.1点
  • 3位 ジョーシン 73.1点
  • 4位 エディオン 73.0点
  • 5位 ビックカメラ 72.8点
  • 6位 コジマ 72.5点
  • 7位 ヤマダ電機 70.7点
  • 8位 ノジマ 69.5点

 

このランキングでは、ヨドバシカメラが1位に位置し、ケーズデンキ、ジョーシン、エディオン、ビックカメラ、コジマがその後に続いています。

8位のノジマまでも、他の家電量販店とほぼ変わらない評価を受けています。

お客様による評価に基づくランキングで、家電量販店が基本的に皆おすすめできるという結果が示されています。

 

家電量販店 アフターサービスランキング

オリコン調べのおすすめの家電量販店 アフターサービスランキングまとめを紹介します。

 

おすすめの家電量販店 アフターサービスランキングまとめ

  • 1位 エディオン 74.3点
  • 2位 ケーズデンキ 73.4点
  • 3位 ヨドバシカメラ 73.1点
  • 4位 ジョーシン 73.0点
  • 5位 コジマ 72.3点
  • 6位 ビックカメラ 72.2点
  • 7位 ヤマダ電機 70.6点
  • 8位 ノジマ 68.4点

 

このランキングでは、エディオンが1位に位置し、ケーズデンキ、ヨドバシカメラ、ジョーシン、コジマ、ビックカメラが続いています。

8位のノジマまでも、他の家電量販店とほぼ変わらない評価を受けています。

アフターサービスにおいても、家電量販店が基本的に素晴らしいサービスを提供しているという結果が示されています。

 

スポンサーリンク

家電量販店のおすすめランキング

個人的な家電量販店のおすすめランキングをご紹介します。

1位: ヤマダ電機

2位: ヨドバシカメラ

3位: ビックカメラ

4位: ケーズデンキ

 

1位: ヤマダ電機

個人的にはヤマダ電機が圧倒的におすすめNo.1です。
その理由は、価格の安さ、値引きのしやすさ、ポイント倍率など、多くの要素でおすすめできるからです。

特に、オンラインショップ「ヤマダモール」を利用することで、自宅から価格交渉も可能なので、最安値で購入できる可能性が高いところがおすすめです。

店舗に定員が不足気味とのデメリットが挙げられますが、オンラインショップはそれに余りある便利さです。

売上ランキングトップ独走中で、満足感の高さが強みになっていると思います。

家電を買うならヤマダモール

 

2位: ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは、専門性と品揃えの豊富さが際立っています。

店員の高い商品知識と豊富な品揃えにより、アナタに合った製品を選びやすく、高品質なサービスを提供しています。

ポイント倍率も高く、店舗での価格交渉も可能です。

大都市の駅前に多くの店舗があるため、アクセスも便利です。

店舗売上上位独占の実力は強力です。

 

3位: ビックカメラ

ビックカメラは、家電だけでなく日常生活品も取り扱っており、幅広い商品を一度に購入できる点が魅力です。

ポイント倍率が高く、全てにポイントが付くため、ポイントを貯めたい方に人気があります。

ただし、アフターサービスの面では他に比べて少し劣っていることが欠点とされています。

 

4位: ケーズデンキ

ケーズデンキは、新製品が安く提供されており、アフターサービスにおいて高い満足度を持っています。

現金値引き率が高く、あんしんパスポートへの加入により、5%の現金値引きを受けられるため、現金派の方にとって魅力的です。

また、店員に販売ノルマが課されていないため、無理な勧誘が少ないという点も評価されています。

 

価格交渉のコツや方法については、別の記事で詳しく紹介しています。

 

スポンサーリンク

家電量販店 安いランキング

家電量販店はどこが安いか、まとめてみました。

以下が安いランキングとまとめです。
おすすめランキングと同じになってしまいましたが、仕方ありません。

1位: ヤマダ電機
2位: ヨドバシカメラ
3位: ビックカメラ
4位: ケーズデンキ

 

スポンサーリンク

まとめ

家電を購入する際、

  • 家電量販店のどこが一番安いのか?
  • 最安値で購入するにはどうすれば良いのか?
  • 私の場合はどこの量販店を選ぶべきか?

以上をまとめますと、

①ヤマダ電機(ヤマダモール)がおすすめです。ここでネット交渉で最安値を頂いてください。
但し、まだ注文はしないでください。

②その後、お近くの他の量販店で最終確認することが更に有効です。

お近くの他の量販店で担当セールスの方との信頼関係を構築してから「ヤマダ電機で○○円と言われたのですが?」と最終交渉に活用できます。(最後に書いてある値引き交渉のコツを見てください)

この交渉結果で、ヤマダ電機(ヤマダモール)かお近くの他の量販店か決定します。

但し、本命はあなたが最も便利な家電量販店です。
何かの時に便利なお店が一番です。

なお、ポイントを貯めたい場合は、購入する店舗を1つの家電量販店に絞ることが重要です。
家電を購入する際にどこで買うかを決め、その店舗でポイントを積み重ねましょう。

 

それでもまとめ買いは、個人的経験で、ビックカメラがいいと思います。
まとめ買いの対応力が他と全然違います。

 

家電量販店での値引き交渉のコツ(内部リンク)はこちらから↓

家電量販店での値引き交渉のコツ!やるべき事とやってはいけない事?限界は?
家電量販店での値引き交渉は、賢く買い物をするための重要なスキルです。この記事では、家電をお得に購入するためのコツを詳しく紹介します。購入前に押さえておくべきポイントや交渉のタイミング、家電の購入において知っておきたい情報をまとめました。