アフィリエイト広告を利用しています

ツインバードオーブントースターTS-D486Bを買うべき理由!口コミや最安値、消費電力を徹底解説!

TWINBIRDオーブントースターTS-D486B買うべき理由生活家電

ツインバードオーブントースターTS-D486Bは、パンの焼き上がりを「焼きたて」のおいしさに近づける画期的なトースターです。

 

その性能や使い勝手について口コミから探り、価格や消費電力に至るまで徹底解説します。

このトースターは、パンの種類に合わせた8つのオートモードや温度調節機能を搭載し、理想の焼き上がりを自動で叶えます。

さらに、省エネで安全性も考慮された設計で、幅広いユーザーから高い評価を得ています。

この記事では、ユーザーの声や最新の価格情報、消費電力など、購入を検討している方に役立つ情報を詳しく解説します。

ツインバードオーブントースターTS-D486Bは家電芸人にも紹介されました。

 

\出来立てのパンに温め直し/

 

スポンサーリンク

世界一のパン職人が開発したトースターとは?

ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、世界的なブランジェ浅井一浩氏と共同で開発されたトースターです。

ツインバード オーブントースター TS-D486Bの特徴

この機種は、秒単位で温度を感知し、遠近2種類のヒーターを使って“焼きたて”のおいしさを自動的に実現する画期的な機能があります。

このトースターには、8つのオートモードがあり、トースト、クロワッサン、フランスパン、カレーパン、アレンジトースト、冷凍トースト、冷凍クロワッサン、冷凍フランスパンの各種類に対応しています。ボタンを押すだけで焼き具合を自動調節し、理想の仕上がりにします。

さらに、温度調節機能も搭載されており、120℃から260℃まで8段階で調整可能です。個々の好みに合わせて、パンの食感や味を調節することができます。

 

ブランジェ浅井一浩氏との共同開発

 

ブランジェ浅井一浩氏との共同開発に至る経緯はこうです。ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、世界一のパン職人である浅井氏との共同開発作品です。彼は2015年の「iba cup 2015」で世界最高峰のパンコンテストで優勝しました。

浅井氏は自らの店舗で、窯から出したパンをその場でカットして提供するなど、焼き上がりにこだわりを持っています。ただ、一般の家庭ではパンを買ってきてトースターで焼くことが一般的です。この現状に対し、家庭で焼きたてのおいしさを再現できるトースターを開発する協力をすることになりました。

浅井氏はツインバードの開発チームと共に、パンのタイプや状態によって最適な温度や時間を設定するプログラムを開発しました。

また、パンの表面内部の温度を適切にコントロールすることで、パンの食感や味わいを引き出す手法に成功しました。

 

世界大会iba cup 2015での受賞歴

ブランジェ浅井一浩氏は、ツインバード オーブントースター TS-D486Bの共同開発者であり、2015年にドイツで開催された「iba cup 2015」という世界的なパンコンテストで総合優勝を果たしました。

浅井氏は、パンの焼き上がりにこだわりを持ち、審査員に窯から出したパンをその場で提供しました。その結果、パンの食感や味、香り、見た目など、あらゆる面で高い評価を受けました。

 

スポンサーリンク

 ツインバード オーブントースター TS-D486Bの使い方と機能

オートモードで焼きたてのおいしさを再現

ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、オートモードを活用することで、焼き具合を手動で調節することなく、理想の焼き上がりに自動調整します1。このオートモードには、8つのモードがあり、トースト、クロワッサン、フランスパン、カレーパン、アレンジトースト、冷凍トースト、冷凍クロワッサン、冷凍フランスパンに対応しています。

オートモードを使う手順はシンプルです。まず、パンを焼き網に載せてトースターにセットします。その後、パンの種類に合わせたオートモードのボタンを選択します。すると、トースターが自動的にパンの状態を判断し、最適な温度と時間を設定して焼き始めます。焼き上がりまでの時間は、液晶画面に表示されます。パンが焼き上がると、トースターから音が鳴ってお知らせします。

オートモードでは、パンの表面と内部の温度をそれぞれに適したヒーターで調節し、パンの食感や味わいを引き出します。表面はカーボンヒーターでパリッと、内部はハロゲンヒーターでしっとりと焼き上げます。オートモードで焼かれたパンは、まるで焼きたてのようなおいしさを楽しむことができます。

 

温度調節で様々なパンに対応

ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、温度調節機能を備えており、120℃から260℃まで8段階で調節可能です。この機能を活用することで、パンの食感や味を自分好みに調整することができます。

温度調節機能を使う手順は簡単です。まず、焼くパンを焼き網に載せてトースターにセットします。次に、温度調節のボタンを押し、希望の温度を選択します。すると、トースターがその温度に合わせて加熱を開始します。焼く時間は、タイマーを使って自分で設定することが可能です。タイマーは最大30分まで設定できます。

温度調節機能を使用することで、パンの種類や状態に合わせて、最適な温度と焼き時間を見つけることができます。例えば、低温で長時間焼くとふんわりとした仕上がりになります。一方、高温で短時間焼くとカリッとした食感になります。温度調節機能を活用したパンは、自分だけの味を楽しむことができます。

 

省スペースで熱を逃さないスリムなフォルム

ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、コンパクトで熱を逃がさないスリムなフォルムが特徴です。このデザインは、窯からインスピレーションを受けたもので、内部の熱をキャプチャし、一定の火力制御を確保します。

このトースターは、小型のドアが奥行きを持ち、庫内スペースを最小限に抑えつつ熱の漏れを防ぎます。同時に、2枚焼きも可能ながら、スペースを無駄にしません12。幅250mm、奥行き371mm、高さ253mmというコンパクトなサイズも特徴的です。

さらに、このモデルは焼き網が広く突き出る構造になっています。これにより、奥深くに置いたパンも簡単に出し入れできます。焼き網の寸法は、幅182mm、奥行き248mmで、パンを余裕を持って載せられるサイズになっています。

製品寸法 ( 約 )(幅)250 × (奥行き)371 × (高さ)253 mm
製品質量 ( 約 )
[製品のみ]
4.2 kg
電源AC 100 V 50 / 60 Hz 共用
消費電力1240 W
電源コード長 ( 約 )1.4 m
オートモードトースト、クロワッサン、フランスパン、カレーパン、アレンジトースト、冷凍トースト、冷凍クロワッサン、冷凍フランスパン、冷凍カレーパン
温度調節120℃、140℃、160℃、180℃、200℃、220℃、240℃、260℃
庫内寸法 ( 約 )(幅)190 × (奥行き)270 × (高さ)110 mm
焼き網寸法 ( 約 )(幅)182 × (奥行き)248 mm
天板寸法 ( 約 )(幅)172 × (奥行き)238 mm
タイマー最長30分
ヒーター上:カーボンヒーター 下:ハロゲンヒーター
付属品焼き網、天板、ガイドブック

 

スポンサーリンク

ツインバード オーブントースター TS-D486Bの口コミと評判

このトースターを実際に使ってみた方々の口コミや評判を見てみましょう。

ツインバード オーブントースター TS-D486Bについて、悪い口コミと良い口コミを箇条書きにしてみました。

悪い口コミ:

  • 高価。他のトースターに比べて約2倍の価格で、コスパが低いと感じる。
  • 扉が小さい。大きな食材を入れるのが不便で、扉を開けるときに熱くなることもある。
  • マニュアルモードが難しい。温度や時間を自分で設定できるが、慣れが必要で、失敗することもある。

良い口コミ:

  • 焼きたての味が再現できる。パンの種類に合わせて自動で最適な温度と時間を調節する機能が優れている。
  • 省エネで安全。消費電力が1240Wと低く、スリムなデザインで熱を逃がさない構造。過熱防止や自動電源オフなどの安全装置も付いている。
  • 調整が不要。焼き時間や火力を手動で調整する必要がない。
  • デザインと使いやすさが良い。

因みに、ツインバードオーブントースターTS-D486Bは家電芸人にも紹介されました。

\出来立てのパンに温め直し/

 

パンの食感や味が焼きたてのように変わる

このトースターの最大の魅力は、パンの食感や味が焼きたてのように変わることです。センサーが秒単位で温度を計測し、庫内の状態を見極め、匠が認めた「魔法の温度バランス」を作り出します。遠赤外線は焦げ目をつけずに表面をパリッと仕上げ、近赤外線は内部をしっかりと温めてもっちりとした食感を引き出します。この2つの異なる性質のヒーターが独立してアプローチし、パンを「魔法の温度バランス」に仕上げます。

このトースターは、パンの種類や凍結の有無に関わらず、まるで焼きたての状態に温めることができます。口コミでは、パンの香りや風味が増したという声や、ふんわりとした内部とカリカリの外部を持つパンが焼けたという感想が多くあります。さらに、クロワッサンやフランスパンなどの硬いパンも、しっとりとした食感になるという声も寄せられています。

焼き時間や火力の調整が不要

このトースターは、ボタンひとつで焼き加減を自動で調節し、理想の焼き上がりを実現します。9種類のパンに対応するオートモードでは、トーストから冷凍カレーパンまで幅広く対応しています。さらに、マニュアルモードでは温度調節が可能で、グラタンやホイル焼きなども調理できます。

このトースターは、焼き時間や火力の微調整が不要で、手軽に美味しいパンを作ることができます。利用者の口コミでは、忙しい朝に便利だという声や、安心して使えるという意見が多く挙げられています。また、温度調節ができることで、自分好みの焼き加減に合わせられるという好評があります。

デザインや操作性が良いという声

このトースターは、優れたデザインと操作性を備えています。小さく奥行きのあるスリムなフォルムで、庫内の熱を保ちつつ、安定した火力をコントロールできます。コンパクトなデザインでスペースを有効活用し、焼き網の大きな出し入れ口がストレスなく使えます。操作パネルはタッチ式でシンプルかつ使いやすく、音声ガイドも搭載されています。

このトースターは、デザインと使い勝手の良さが称賛されています。ユーザーの声では、キッチンに調和する洗練された外観だという評価や、直感的で理解しやすい操作性が多くの支持を集めています。

さらに、音声ガイドが付いているため、目を離さずに焼き上がりを確認できるという評価もあります。

\出来立てのパンに温め直し/

 

ツインバードは3年間の有料保証や延長保証のオプションを提供しており、万が一の故障やトラブルにも迅速に対応します。さらに、同社は製品安全対策において優れた取り組みを行っており、経済産業大臣賞を3年連続で受賞するなど、信頼性の高いメーカーです。

 

スポンサーリンク

ツインバード オーブントースター TS-D486Bの最安値と購入方法

このトースターを購入するときには、価格の最安値や特典、レンタルオプションなどの情報が気になる方もいるでしょう。ここでは、価格.comや公式ストア、レンタルサービスでの最新情報を紹介します。

価格.comでの最安値と価格推移

インターネットの価格情報をほぼつかんでいる価格.comによれば、このトースターの最低価格は2023年12月31日時点で税込21,573円でした。
先週比では63円上昇しています。価格の推移を見ると、発売から約1ヶ月半で約4,000円ほど値下がりしましたが、その後はほぼ横ばいです。

このトースターは人気商品なので、在庫切れや価格上昇の可能性もあります。気になる方は早めに確認してみてください。

Amazonや楽天市場、Yahooショップなどでも価格は同様の動きをしていますので、後はセールやポイントバックのお好みでチョイスいただけます。

 

公式ストアでの購入特典とクーポン

公式ストアでは、このトースターの税込価格は25,800円です。価格.comより高いですが、公式ストアならではの特典があります。

公式ストアで最も大きいのが30日間お試しサービスです。
購入したが気に入らなかった場合、出荷日から30日以内なら基本的に返金してくれます

購入の際、ペイディを利用すれば月々8,600円で3ヶ月分割後払いでの購入できます。

また、クーポンコードを使用すると特別な割引が受けられます。
クーポンコードは期間限定なので、お早めにご利用ください。

公式ストアでの購入は、分割払いやクーポン、30日お試しなどのメリットがあります。

 

公式のレンティオのレンタルサービス

このトースターは高価なので、購入前に試してみたいという方もいるでしょう。
そんな場合には、公式にはレンティオのレンタルサービスがおすすめです。

公式ストアでは、レンティオでのレンタルが可能です。

レンタルサービスでは、このトースターを1ヶ月2,200円でお試しできます。
3ヶ月以上限定ですが送料や保証料も無料です。

レンタルサービスを利用した試用体験は、このトースターの性能や使い勝手を確かめるのに最適です。

 

スポンサーリンク

ツインバード オーブントースター TS-D486Bの消費電力と安全性

ツインバード オーブントースター TS-D486Bの消費電力と安全性

消費電力は1240Wで省エネ

このトースターの消費電力は1240Wで、省エネルギー設計が採用されています。
平均的で他社の競合品と同じくらいです。

小型で奥行きが深く、庫内の熱を逃さずに火力を一定に保つための構造です。
2枚焼き可能で、コンパクトに設置できます。焼き網が大きく突き出し、奥に入れたパンもスムーズに出し入れできます。

 

製品安全対策優良企業のツインバード

安全性に関して、ツインバードは製品の安全対策に力を入れており、経済産業大臣賞3回連続で受賞した信頼性の高いメーカーです。製品安全対策優良企業です。

このトースターには過熱防止機能や自動電源オフ機能などの安全装置が備わっています。
また、最長5年間の有料保証や延長保証の選択肢もあり、万が一の故障や問題にも安心して対応できます。

 

5年間の有料保証や延長保証のオプション

ツインバード オーブントースター TS-D486Bは、世界のトップクラスのパン職人の技術を再現した高性能なトースターです。
電力消費が低く、安全性も高い製品です。

5年間の有料保証や延長保証の選択肢も魅力的で、パン愛好家におすすめしたい商品です。

 

スポンサーリンク

ツインバード オーブントースター TS-D486Bのメリットデメリット

ツインバード オーブントースター TS-D486Bのメリット、デメリットを紹介します。

メリット

世界のトップパン職人と共同開発した高性能なトースターです。製品購入の利点を3つ挙げます。

  • 焼きたての美味しさを再現可能です。このトースターには秒単位で温度を感知するセンサーと、遠赤外線と近赤外線の2つのヒーターが搭載され、パンの種類に応じて最適な温度と時間を自動で調整します。手動での焼き加減調整が不要で、表面はパリッと、中はもっちりとした食感になります。
  • 省エネで安全性も高いです。このトースターの消費電力は1240Wで、省エネ設計が採用されています。また、扉が小さく奥行きが深いスリムなフォルムで、庫内の熱を逃がさず、安定した火力コントロールを実現しています。
  • 過熱防止機能や自動電源オフ機能などの安全装置も装備しています。3年間の有料保証や延長保証が選べます。このトースターには3年間の有料保証や延長保証のオプションがあり、万が一の故障やトラブルにも安心です。

 

デメリット

ツインバード オーブントースター TS-D486Bのデメリットと考慮点を3つご紹介します。

  • 価格が高めです。最安価格が21,573円と、通常のトースターよりも高価です。ただし、このトースターにはパンの種類に応じた最適な温度と時間を自動調節する匠BRAINという機能があり、焼きたてのような美味しさを再現できます。パン好きにとっては、コスパが高い商品と言えるでしょう。
  • 扉が小さいです。扉が小さいため、大きなパンや食材を入れるのが不便かもしれません。しかし、天板を使用すればオーブン料理を楽しむことも可能です。天板は付属しています。
  • マニュアルモードがやや複雑です。オートモードに加えてマニュアルモードも搭載されていますが、温度や時間の設定には慣れが必要です。
    ただし、マニュアルモードを使えばグラタンやホイル焼きなどのオーブン料理も可能です。自分好みの焼き加減を見つける過程も楽しめます。

マニュアルモードも是非使いこなしたいですね!

 

スポンサーリンク

Q&A

ツインバード オーブントースター TS-D486BのQ&Aです。

Q1. このトースターの特徴は何ですか?
A1. このトースターは、世界的なパン職人との共同開発による高性能な製品です。特に、「匠BRAIN」という機能が注目されており、パンの種類に合わせて最適な温度と焼き時間を自動調節し、焼きたてのおいしさを再現します。

Q2. このトースターの消費電力はどのくらいですか?
A2. 消費電力は1240Wで、省エネ設計が施されています。また、特有のスリムなフォルムと小さな扉が、庫内の熱を逃がさずに安定した火力コントロールを実現しています。

Q3. このトースターの安全性はどうですか?
A3. 安全性は高く評価されています。製品安全対策優良企業であるツインバードが製造しており、過熱防止機能や自動電源オフ機能などの安全装置が装備されています。3年間の有料保証や延長保証の選択肢もあります。

Q4. このトースターはオーブン料理もできますか?
A4. はい、このトースターはオーブン料理も可能です。オートモードだけでなく、マニュアルモードも備えており、自分で温度や時間を調整できます。マニュアルモードを使用することで、グラタンやホイル焼きなどのオーブン料理が楽しめます。

Q5. このトースターの口コミはどうですか?
A5. 口コミは概ね好意的です。多くのユーザーが、おいしさや省エネ性、安全性などを高く評価しています。一方で、価格の高さや扉の小ささ、マニュアルモードの使いづらさなどが指摘されています。購入の際は、個人のニーズや予算に合わせて検討すると良いでしょう。

 

\出来立てのパンに温め直し/

 

スポンサーリンク

まとめ

「ツインバード オーブントースター TS-D486B」は、パンの焼き上がりを美味しさの頂点に導くトースターです。

このトースターは、世界一のパン職人と共同開発された画期的な機能を備え、8つのオートモードや温度調節機能を活用し、自動で理想の焼き上がりを実現します。

さらに、省エネで安全性を重視した設計が高く評価されています。

 

口コミでは、使い勝手焼き上がりに満足している人が多く見られました

最安値は価格.com情報では¥21,573で、消費電力は平均的な1240Wです。

ツインバードオーブントースターTS-D486Bは、見事な焼き上がりで、機能性やコスパに優れた商品と言えます。

オーブントースターを選ぶ際に迷っている方は、ぜひこの見事な温め直しをチェックしてみてくださいね。

 

\出来立てのパンに温め直し/

 

\家電芸人に紹介されました/

アメトーク2023年末SP!家電芸人おすすめ家電と過去紹介品まとめ
2023年12月30日の18時からアメトークの5時間40分のSPでが放送。この中の『歳末 家電芸人』楽しみにしている人多いですよね。最新の最先端の家電が紹介されるので、私も大好きです。今年のおすすめ家電(予想)と過去商品まとめも有ります!