アフィリエイト広告を利用しています

ホットクック16gと16fの違い!価格最安値に機能も比較

シャープホットクックヘルKN-HW16GとKN-HW16Fの違い 生活家電

料理を手軽に楽しむことができるホットクック、ご存知ですか?食材と調味料をセットし、スイッチを押すだけで自動的に料理が完成します。KN-HW16GとKN-HW16Fという2つのモデルがあり、容量も外見もほぼ同じですが、その違いは何でしょうか?

この記事では、ホットクック16gと16fの違いに焦点を当て、価格、機能、レシピ、サイズなどを比較し、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。さらに、16gがどんな人におすすめなのか、16fがどんなニーズに合っているのかも解説します。最後に、16gのベネフィットについても触れ、最新技術と利便性がもたらす驚きをお伝えします。

ホットクック16gと16fの選び方に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。美味しい料理を手軽に楽しむためのヒントが盛りだくさんです!

スポンサーリンク

ホットクック16gと16fの違いを解説

ホットクックは、スイッチを押すだけで料理を自動で作ってくれる便利な調理器具です。16gと16fという2つのモデルがあり、外見や容量は同じですが、違いはいくつかあります。

  1. 価格: 16gは約4万円で、16fは約3万円。16gは16fよりも1年後に発売されたため約1万円高かったです。
  2. 機能:
    • 温度調節: 16gは調理中に温度を変えられますが、16fはできません。
    • かきまぜ機能: 16gは進化したかきまぜ機能があり、さまざまな料理に活用できます。16fはかきまぜ機能がありますが、回転スピードは固定です。
    • ヨーグルトメーカー: 16gはヨーグルトメーカーとしても利用可能ですが、16fは使えません。
  3. レシピ数: 16gは約600種類、16fは約300種類のレシピが用意されています。
  4. サイズ: 16gはコンパクトで、置き場所に困りにくいです。

どちらを選ぶかは、予算や料理の好みによります。高機能で多彩なレシピを求めるなら16g、予算を抑えながら基本の使い勝手を重視するなら16fがおすすめです。美味しい料理を楽しむために、自分に合ったホットクックを見つけてくださいね!

 

スポンサーリンク

ホットクック16gと16fの価格最安値比較!お得な購入ガイド

前述の見出しで解説したホットクック16gと16fの違いに加え、今度は価格に焦点を当ててみましょう。2022年3月の価格.comの情報によれば、ホットクック16gの価格最安値は約4万円、一方でホットクック16fは約3万円です。これにより、16gは16fよりも約1万円高いことがわかっていました。

情報が古いので価格情報を更新します。

2023年11月の大手3サイトの最安値価格を紹介します。

楽天ショップ Amazon Yahoo
KN-HW16G-B 40,552円 38,764円 39,889円
KN-HW16G-W 38,100円 37,180円
KN-HW16F-R 41,910円 39,700円 39,700円
KN-HW16F-W 36,800 36,500円

16gは2021年9月発売で、現在は発売から2年強経過し、価格も随分安くなりました。

16fは2020年9月発売で、現在は発売から3年強経過し、価格も随分安くなりましたが、安かったものは売れ切れて価格は少し戻っている様です。セール期間になるとまた違った価格設定になる可能性はありますが、現状はYahooの16f-w(白)が最安値で、但し16gと比較してもほとんど差がない、少し安いだけの状況です。

ただし、価格だけでなく、機能の差も考慮することが重要です。16gは16fに比べて機能が豊富で、温度調節や圧力調理、ヨーグルトメーカーなどの機能が搭載されています。同時に、16gの方がダウンロードレシピ数も多いため、料理のバリエーションが広がります。これらの機能やレシピを利用することで、より充実した料理体験が得られるでしょう。

では、価格差が機能やレシピの増加に見合う価値があるかどうかは、あなたの予算や料理へのこだわりに依存します。予算に余裕がある場合や、多彩な機能を活かしたい場合は16gがおすすめです。逆に、予算が限られている場合や、基本的な使い勝手に満足する場合は16fでも十分に満足できるでしょう。

ホットクック16gと16fの価格最安値を比較し、その差異を検討しました。どちらも素晴らしい調理鍋ですが、自分のニーズに合ったモデルを選んで、美味しい料理を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

16gと16fの共通機能で見る、ホットクックの進化と魅力

ホットクックは、食材と調味料をセットしてスイッチを押すだけで、手間なく自動で料理を完成させてくれる優れた調理器具です。16gと16fの2つのモデルが存在し、容量や外観はほぼ同じです。しかし、これらのモデルには共通の魅力的な機能が備わっています。

1. 水なし自動調理: 16gと16fは水なし自動調理が可能です。これは、食材と調味料を投入するだけで、かき混ぜや加熱などを自動的に行ってくれる機能です。手軽に美味しい料理を作ることができ、水を使わないため食材の栄養や旨みを逃しません。

2. 予約調理: 両モデルは予約調理機能を備えています。前もって食材と調味料をセットし、調理開始時間を指定することで、忙しい日常でもアツアツの料理を楽しむことができます。最大15時間の予約調理が可能で、衛生的な面でも心配ありません。

3. 無線LAN接続: 16gと16fは無線LAN接続が可能です。これにより、スマートフォンアプリと連携し、「COCORO KITCHEN レシピサービス」に対応します。豊富なレシピやスマホからの操作・状況確認が可能で、食生活をサポートします。

4. カンタンお手入れ: 両モデルは各パーツが簡単に取り外せ、食洗機も利用可能なカンタンお手入れ機能を備えています。内鍋はフッ素コートでこげつきにくく、汚れも簡単に落とせます。

5. メニュー名表示・音声発話機能: 16gと16fにはメニュー名表示・音声発話機能が搭載されています。画面にメニュー名が表示され、音声で案内されることで、操作が直感的でわかりやすくなります。調理中や調理終了時にも音声で通知があります。

これらの共通機能を通じて、16gと16fはホットクックの進化と魅力を堪能できます。美味しい料理を手軽に楽しむために、ぜひホットクックを活用してください!

 

基本仕様

KN-HW16GとKN-HW16Fの基本仕様を紹介します。

KN-HW16GとKN-HW16Fで基本仕様の違いは3つです。

外形寸法:
16gは外径寸法が少し小さく背が高くなっています。

質量:
質量は16gが200グラム程度軽くなりました。

メニュー集掲載数:
メニュー掲載数は16gが2個減っています。

KN-HW16G KN-HW16F
電源 AC 100V 50-60Hz 共用 AC 100V 50-60Hz 共用
定格消費電力 600W 600W
調理容量 1.6L 1.6L
満水容量 3.4L 3.4L
設定温度(発酵・低温調理) 35~90℃ 35~90℃
最大予約設定時間 15時間 15時間
保温 最大12時間 最大12時間
外形寸法 幅330mm×奥行282mm×高さ240mm 幅364mm×奥行283mm×高さ232mm
質量 約5.0kg 約5.2kg
電源コードの長さ 約1.4m(マグネットプラグ方式) 約1.4m(マグネットプラグ方式)
メニュー集掲載数 140(自動メニュー129/手動メニュー11) 142(自動メニュー130/手動メニュー12)

 

スポンサーリンク

16gはどんな人におすすめ?使いやすさと特長を徹底解説

16gはどんな人におすすめ?使いやすさと特長を徹底解説

ホットクック16gは、16fに比べて多彩な機能が搭載され、高性能な調理器具です。その使いやすさと特長を詳しく解説します。以下のような方に特におすすめです。

1. 料理にこだわりがある人:

  • 16gは温度調節や圧力調理、ヨーグルトメーカーなどの機能が充実しています。これらの機能を活かして、食材の食感や味わいを調整することが可能です。かきまぜ機能も進化しており、様々な料理に挑戦できます。

2. レシピに挑戦したい人:

  • 約600種類のレシピが用意されており、スマートフォンアプリと連携することで、作り方がわかるメニューやおすすめメニューの提案が可能です。バラエティ豊かなレシピで新しい料理に挑戦したい方に適しています。

3. 置き場所に困りそうな人:

  • コンパクトなサイズ(幅330mm×奥行282mm×高さ240mm)で、16fに比べてスペース効率が良いです。置き場所に制約がある方でも、16gをスムーズに設置できます。

16gは、これらの特長を活かして、料理にこだわりたい方や新しいレシピに挑戦したい方、そしてスペースに制約のある方に向いています。価格が高い点を考慮しながら、ホットクック16gを活用して美味しい料理を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

16fはどんな人に向いてる?選ぶべき理由と魅力を紹介

ホットクック16fは、16gに比べて機能が少なく、レシピも少ないですが、その中にも魅力があります。以下に、16fがどんな人に向いているか、選ぶべき理由と魅力を紹介します。

1. 予算が限られている人:

  • 16fは約1万円ほど安価で、ホットクックの基本的な機能を備えています。手軽に美味しい料理を楽しみたいけれども、予算に制約がある方にとって、16fはコストパフォーマンスが高い選択肢です。

2. シンプルな操作が好きな人:

  • 機能が少ないことは、同時に操作がシンプルであることを意味します。16fは温度調節や圧力調理、ヨーグルトメーカーなどの高度な機能がないため、基本的な調理を簡単に行いたい方に適しています。操作がシンプルなので、初めての方や料理初心者にも扱いやすいです。

3. 高さで置き場所に困っている人:

  • 16fは高さが低いため、収納スペースに制約がある場合でも、スムーズに収納できます。高さで置き場所に悩んでいる方にとって、16fは取り扱いしやすいモデルです。

16fは、これらの特長を持ちながらも手頃な価格で提供されており、特に予算が限られている方やシンプルな操作が好きな方、そして高さで置き場所に悩んでいる方に適しています。ホットクック16fを利用して、美味しい料理を手軽に楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

16gのメリットデメリットを知って、最適な調理器具を選ぼう

ホットクック16gのメリットとデメリット

メリット:

  1. 機能が豊富で高性能: 16gは、豊富な機能を備えており、高性能な調理器具です。温度調節や圧力調理、ヨーグルトメーカーなどの機能があり、食材の調理において柔軟性があります。また、かきまぜ機能が進化しており、幅広い料理に対応可能です。
  2. サイズがコンパクト: 16gは16fよりもサイズが小さく、幅330mm×奥行282mm×高さ240mmのコンパクトなデザインです。同じ1.6リットルの容量を持ちながら、置き場所に困りにくいのが特徴です。

デメリット:

  1. 価格が高い: 16gは16fに比べて約1万円ほど高価です。価格が高いため、予算が制約されているユーザーにとっては負担になる可能性があります。また、高機能な分、故障のリスクも考慮する必要があります。
  2. 操作が複雑: 機能が多い分、操作も複雑になります。食材と調味料を入れてスイッチを押すだけでなく、温度や圧力、時間などの設定や調整が必要です。初心者やシンプルな操作を好むユーザーにとっては使いにくいかもしれません。
  3. レシピ掲載数は少ない: 16gはレシピ数が少なく、内蔵されているレシピは140種類です。これに比べて16fは145種類のレシピが内蔵されています。レシピのバリエーションが重要な場合、少ないレシピ数が不足感を生む可能性があります。

以上が、ホットクック16gのメリットとデメリットです。価格や操作の複雑さ、レシピ数などを考慮して、最適な調理器具の選択を検討してください。美味しい料理をお楽しみください!

スポンサーリンク

まとめ

手間いらずで美味しい料理を作りたいと考えることはありませんか?

そのような時に役立つのが、ホットクックという調理器具です。

ホットクックを使用すれば、食材と調味料をセットし、スイッチを押すだけで自動的に料理が完成します。

さらに、水なし自動調理や予約調理などの機能があり、手軽に美味しい料理が楽しめます。

ホットクックには16gと16fの2つのモデルがありますが、どちらも容量は1.6リットルで外見もほぼ同じです。

しかし、価格や機能、レシピ、サイズには異なる点があります。

この記事ではこれらの違いを詳しく比較しました。

16gは16fよりも価格が高くなっていますが、機能が充実し、レシピも豊富です。一方で、16fは16gよりも価格は抑えられていますが、機能やレシピがやや少なめです。

どちらを選ぶかは、予算や料理の好みによって判断してください。ホットクックを使って、おいしい料理を楽しんでくださいね!

ふるさと納税20万円で16g-w

 

ホットクックでキーマカレーの内部リンクはこちら

ホットクック キーマカレー トマト缶とカレールーで作ってみた!使い方や特徴を紹介
ホットクックはシャープから発売されているスマート家電の1つで、多くの方に愛用されているとても人気のある商品です。 ネットやSNSではホットクックを使ったレシピも数多く紹介されており、とても便利で使いやすいと高い評価を得ています。私も購入して...