アフィリエイト広告を利用しています

re-wf263とre-wf262の違いはたった2点だけ!?口コミ評判を紹介!

re-wf263とre-wf262の違いはたった2点だけ!?口コミ評判を紹介! 生活家電

「re-wf263」と「re-wf262」は、シャープから登場しているシリーズ『PLAINLY(プレーンリー)』の過熱水蒸気オーブンレンジです。


re-wf263 画像クリックで楽天へ

 

「re-wf263」は2022年発売、「re-wf262」は2021年に、単身から少人数家族向けとして発売されました。

どんな暮らしにも合わせやすいシンプルなデザインと使いやすさでとても人気があります!

 

発売年数が異なるため、どのような違いがあるのかを紹介します。実際に使った方の口コミや評判と合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

re-wf263とre-wf262の違いを比較!

re-wf263(新)とre-wf262(旧)の違いは、下記の2点です。

  • 掲載メニュー数(自動メニュー数)
  • 自動メニューとその番号の表記されている数

 

掲載メニュー数・自動メニュー数を比較してみると、下記の通りです。

掲載メニュー数 自動メニュー数
re-wf262(旧) 125 106
re-wf263(新) 126 107

 

re-wf263(新)では、フリーズドライスープがメニューに追加されました。

真空で凍結・乾燥させることで、栄養や状態をあまり損なわずに長期保存が可能に♪

 

本体の操作パネル上に表記されている自動メニューの数が変わりました。

re-wf262(旧)では33品目ありましたが、re-wf263(新)では見やすさを重視して14品目に減っています。この14品目は、数あるメニューの中でも使われる頻度の多いメニューが表示されています。

 

本体のサイズや価格、色などは全く同じで、違いはメニューに関してのみでした。

re-wf263(新)とre-wf262(旧)の2023年2月時点の価格は、ネットショッピング各社で平均すると約52,000円前後です。ブラックとホワイトありますが、色による違いもほとんどありません。

残念ながら、re-wf262(旧)は販売終了となってしまっている店舗も多かったです。

 

re-wf263(新)は見やすさがアップしたことで、より使いやすい仕様になっています。

追加となったフリーズドライスープは操作パネルの1番目に表示されるようになっています。ぜひ試してみたいですね!

 

確実にゲットしたい方には、re-wf263(新)がおすすめです!

 

スポンサーリンク

re-wf263とre-wf262の口コミ評判を紹介!

re-wf263(新)とre-wf262(旧)の口コミについて、悪い口コミと良い口コミそれぞれを紹介します。

 

悪い口コミ

悪い口コミは、「メニューが多い割にあまり使わない」という点でした。

re-wf262(旧)では33品目表示されていたメニューが、re-wf263(新)では見やすさを重視して14品目に減っています。数あるメニューの中でも使われる頻度の多いメニューが表示されています。

 

よく使うメニューが見やすくなることで使いやすさもアップしますね!

 

良い口コミ

良い口コミは、下記の通りです。

  • シンプルでスタイリッシュな本体のデザインが気に入った
  • 自動メニューの選択がダイヤル式になっていて、説明書なしでも分かりやすくて操作しやすい
  • 庫内が平面になっていてお手入れしやすい。スチーム機能も掃除に使えて便利
  • サイズがコンパクトな割に、26Lと容量が大きくて使いやすい
  • オーブンもレンジも満遍なく熱が行き渡るのでパワーは十分
  • 値段の割に便利。コスパが良い

 

re-wf263(新)とre-wf262(旧)はどちらも、本体デザインに関する好評の声が多かったです!

スタイリッシュさやシンプルさが、どんな部屋にもインテリアにも合わせやすくて高く評価されていました。

 

 

また、同じシャープから発売されている「ヘルシオシリーズ」と比べても安い価格で買えるので「コスパが良い」と感じた方も多数いました。

ヘルシオシリーズのax-xa30とax-xa20の違いについての記事はこちらから読めます。↓

 

オーブンレンジの『トースト機能』に関しては、さまざまな口コミで「あまり良くない」といった声を見かけることが多いですが、re-wf263(新)・re-wf262(旧)はトーストをより美味しく味わえると人気が高いです!

使いやすい機能が多くて安く購入できるのは嬉しいですよね♪

 

スポンサーリンク

まとめ

re-wf263(新)とre-wf262(旧)の違いは、下記の2点です。

  • 掲載メニュー数(自動メニュー数)
  • 自動メニューとその番号の表記されている数

 

re-wf263(新)では、自動メニューにフリーズドライスープが追加されました。本体正面のメニュー表記が減ったことで読みやすくなり、あまり使わないメニューは庫内底部への表記に変わりました。

見やすさも「メニューが多いけど使わないメニューもある」「メニューが多くて見づらい」などといった声が反映されて改善された点はとても嬉しいですよね!

 

re-wf263(新)とre-wf262(旧)はどちらも、本体デザインに関する好評の声が多かったです。どんな部屋にもインテリアにも合わせやすくて高く評価されていました。

本体のサイズや価格、色などは全く同じで、違いはメニューに関してのみでした。

 

re-wf263(新)とre-wf262(旧)の2023年2月時点の価格は、ネットショッピング各社で平均すると約52,000円前後です。ブラックとホワイトありますが、色による違いもほとんどありません。

 

re-wf263(新)は見やすさがアップしたことで、より使いやすい仕様になっています。

追加となったフリーズドライスープは操作パネルの1番目に表示されるようになっています。ぜひ試してみたいですね!

 

確実にゲットしたい方には、re-wf263(新)がおすすめです!