アフィリエイト広告を利用しています

家電量販店での値引き交渉のコツ!やるべき事とやってはいけない事?限界は?

家電量販店 値引き交渉のコツ やるべき事とやってはいけない事生活家電

家電量販店での値引き交渉は、賢く買い物をするための重要なスキルです。

この記事では、家電をお得に購入するためのコツを詳しく紹介します。

購入前に押さえておくべきポイント交渉のタイミング、家電の購入において知っておきたい情報をまとめました

家電量販店で値切り交渉の方法

これらのヒントを実践することで、予算を節約しつつ、お気に入りの家電を手に入れることが可能です。

家電量販店での値引き交渉が苦手な人も、ぜひ試してみてください。

それでは、家電の購入を成功させるためのコツを詳しくご紹介しましょう。

スポンサーリンク

家電量販店での値引き交渉のコツ

「家電量販店での値引き交渉のコツ」をお伝えいたします。

どなたでも簡単に試せる方法ですので、ぜひご試用ください。

対象は、洗濯機、エアコン、冷蔵庫、オーブン、レンジ、テレビ、パソコン、カメラ、掃除機、空気清浄機などの高価格商品での大幅な値引きです。

これらの製品を購入する場合、通常は交渉が難しい商品も含め、まとめ買いでの交渉が可能になります。

おすすめ洗濯機

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機NA-LX129CとNA-LX129Bの違いを比較!どっちがおすすめ?
パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機NA-LX129CとNA-LX129Bは、ななめドラム洗濯乾燥機の最上位モデルです。2023年10月にNA-LX129Cがリニューアル発売されました。 両モデルとも洗濯と乾燥の日常作業を効率化し、衣類のお...

 

以下は家電購入時に役立つヒントです。

  1. 必要な家電を綿密にリサーチ
  2. 買っても良い家電をリストアップ
  3. 競合店の情報を確認
  4. 交渉時に礼儀正しくコミュニケーションをとる
  5. 土日、祝日、雨の日をタイミングよく利用
  6. 決算時期を狙う
  7. 大手家電量販店を訪れる
  8. まとめ買いを検討

これらのアドバイスを活用して、家電製品をお得に購入できるかもしれません。

 

必要な家電を綿密にリサーチ

買わなきゃならない家電は事前に調査して買うモデルを決めておきましょう

シリーズモデルも含めなるべく詳細を理解しておくことが重要です。

なお、家電量販店には公式サイトには載っていないオリジナル型番のマイナーモデルも存在しますので、出力や特徴機能などを認識しておき、間違わない様にしておくこといいです。

勿論条件付きで、この値段が出たらこのモデルにするというのもありです。

 

買ってもいい家電をリストアップ

買ってもいい家電をリストアップすることは極めて重要です。

ただし、これは「欲しい家電」ではなく、「買ってもいい家電」のリストを作ることです。この違いは心構えに大きな違いがあります。買ってもいい家電とは、価格が手ごろであれば購入すると考えるものです。

欲しい製品を特定せずに、店員が勧める製品を購入すると、値引き交渉が難しくなる事があります。店員のおすすめは、通常は店舗の売りたい商品であり、在庫を持っていたり、利益を上げるための商品です。そのような商品に値引きを求めるのは難しいでしょう。

必ず、自分が欲しいと思う「買ってもいい家電」を決めておくことが重要です。値引きの鍵は、事前に徹底的に調査を行うことにあります。スマートフォンやパソコンを使って簡単に調査できるため、お店に行かなくても、どのような家電製品があるかを把握することができます。

 

他のお店の情報をチェック

家電量販店で値段交渉の仕方

他のお店の情報は必ず確認してから購入しましょう

たとえケーズデンキで購入するつもりがあっても、ビックカメラやヨドバシカメラなど他のお店での価格をチェックすることは大切です。

家電量販店は競争が激しいため、他の店舗でより安い価格の商品を見つけることで、値引き交渉の成功率が大幅に向上します

欲しい家電の価格を調査することは非常に重要です。
価格.comを利用すれば、家電製品の市場価格を簡単に調べることができます。
ぜひ参考にしてみてください。

一部の人は、そのまま最も安い店で購入することが良いと思うかもしれませんが、実際には値引き交渉を行うことで、よりお得に購入できたり、ポイントを獲得したりすることがあります。その結果、最低価格で購入することができたり、多くのポイントを獲得することができます。

値引き交渉を行うことで、現金割引以外に、ポイント還元を増やすお店もあります。
近い将来に別の家電を同じお店で買うつもりであれば、ポイントは大変有効です。
ポイントの有効活用にも注目しましょう。

各店舗のポイントの有効期限

ヤマダ電機最終購入日から1年
ビックカメラ有効期限は最終利用から2年間
ヨドバシゴールドポイントの有効期限は、最新のお買い物から2年間
ケーズデンキポイントは無し

将来的に他の家電を購入する予定がない場合は、ポイントが無駄になる可能性もあるため、値引き優先での交渉をおすすめします。

 

交渉時に礼儀正しくコミュニケーションをとる

交渉時には礼儀正しくコミュニケーションをとりましょう

値引きを求める際に、あまりにもフレンドリーすぎる態度や強引なアプローチは避けましょう
家電量販店での交渉であっても、きちんとした言葉遣いを心がけましょう。

もし同じ店員に何度接客してもらう機会があるなら、ややフレンドリーな態度も受け入れられることもあります。しかし、初対面の店員との信頼関係を築くことが非常に重要です。信頼関係が築かれない場合、値引きを実現するのは難しいでしょう。

自身が店員で、値引きを許可する立場だと思ったら、お客様に対して適切な対応を心掛けることが大切です。この意識を持つことは、値引き交渉の成功に寄与します。

 

土日、祝日、雨の日をタイミングよく利用

土日、祝日、雨の日をタイミングよく利用しましょう。

家電量販店には売り上げ目標が設定されており、休日には多くの顧客が訪れることが予想されます。そのため、価格設定が通常より高くなります。店員も目標達成のために値引き交渉に応じる可能性が高まります。

さらに、雨の日は客足が減少するため、売り上げ目標達成が難しくなり、値引きの交渉余地が増えます。店員もノルマを達成し、購入を促すために、価格を引き下げることがあるでしょう。

特に土日の日曜日の午後は、店員が売り上げに最も注力する時間帯とされています。この時間帯は値引き交渉のチャンスと言えるでしょう。週末の夕方は店員がノルマ達成に向けて価格交渉に応じる可能性が高いです。

 

決算時期を狙う

家電量販店には決算時期があります。

多くのメーカーや家電量販店では、9月に中間決算、3月に年度決算を行います。この時期にはセールが行われ、家電が割引価格で提供されることが多いため、値引き交渉も容易になります。特に高額な製品などは積極的に値引き交渉に応じることがあります。

決算時期は店員のノルマが高く設定されるため、店員も熱心に顧客を引き込むための努力を払っています。お得に購入したい場合、決算時期を狙ってショッピングを計画することがおすすめです。

決算時期以外にも、家電が安いとされる時期が存在します。詳細は別の記事でまとめているため、ぜひチェックしてみてください。

また、メーカーの決算時期も価格に影響を及ぼします。メーカーの決算時期では、売り上げ目標達成のために値下げを行い、特別なメリットを提供しようとすることがあります。多くの日本の電機メーカーは3月に決算を行っているため、この時期を狙うのも良いアイデアです。

ビックカメラ、コジマは8月決算です。

 

モデルチェンジ前の機種を狙う

家電製品は発売後、時間とともに価格が段階的に下がる仕組みが一般的です。そのため、モデルチェンジ前の製品が通常、最も価格が手頃になります。

家電メーカーは新しいモデルを導入する前に、旧モデルの在庫を減らすことを望んでおり、これにより価格の引き下げが行われます。このタイミングを狙えば、よりリーズナブルな価格で最新の機能を備えた製品を手に入れることが可能です。

新製品が発売される時期の大まかな傾向

製品新製品の発売時期
テレビ4~7月
電子レンジ・炊飯器・掃除機6~10月
ドラム式洗濯乾燥機9~11月
エアコン9~12月
冷蔵庫10~11月
空気清浄機10~1月

 

大きい家電量販店に行く

家電量販店が大規模であるほど、商品の入れ替えが頻繁で売り上げ目標も高く設定されています。そのため、できるだけ大型の家電量販店を訪れることが重要です。

一方で、地元の小さな電器店、ホームセンター、または大型スーパーマーケット(例: イオン、ドンキホーテなど)での値引き交渉は控えた方が良いでしょう。これらのお店での値引き交渉は成功率が非常に低いことが一般的です。

ただし、こうしたお店は過去のモデルや旧型の商品を割引価格で販売していることが多いです。そのため、値引き交渉を行わずにも、お得に購入できる可能性があることに留意しましょう。旧型製品でも性能に問題がない場合は、価格をチェックしてみる価値があります。

 

まとめ買いをする

まとめ買いは、難しい機会かもしれませんが、家電製品を「まとめて購入」することで値引き交渉がしやすくなります。

たとえば、洗濯機が壊れた際に、炊飯器も同時に新しく購入するというアプローチです。各家電製品が高額であるため、まとめ買いは勇気が必要かもしれません。しかし、この方法を活用することで、約3万円もの節約の可能性があるため、値引き交渉に積極的に取り組んでみましょう。

私の場合、冷蔵庫が故障したときに、古くなった電子レンジと一緒にまとめて購入しました。2つを同時に購入したことで、2万5,000円ほどの割引を受けることができました。

また、どの家電量販店で購入するかも重要です。別の記事で、どの家電量販店が最もお得かについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

やってはいけない値引き交渉の方法

最後に、値引き交渉でやってはいけない事をご紹介します。

  • 下調べせずに行く
  • ネットの価格で交渉する
  • 服装がラフすぎる

値引き交渉をする上でこんな行動をする人は失敗してしまうでしょうね…

 

下調べせずに行く

値引き交渉を成功させるには、何の下調べもせずに店に行くことはおすすめできません。

最低限、欲しい製品の相場価格や他店の価格を調査しておくべきです。

下調べを行うほど、値引き交渉の成功率が高まります

誤って店員の勧める商品を購入してしまわないように、少し手間をかけて下調べを行うことが、よりお得な買い物を実現する秘訣です。

 

ネットの価格で交渉する

ネットの価格を参考にするのは重要です。

最安値を把握することは、値引き交渉において大切な要素です。

ただし、ネット価格を直接引き合いに出して交渉するのは避けるべきです

家電量販店は、ネット価格とは競合しているわけではありません。

それぞれ異なる顧客層をターゲットにしています。

家電量販店は、家電量販店同士でお客様の取り合いで競争しているのです。

ネット価格で値引き交渉しても、他の家電量販店よりも価格が低い場合は、価格を下げてくれません。

 

服装がラフすぎる

ラフな服装で家電量販店に訪れると、購買意欲が低いと受け取られることがあります。

たとえば、サンダルやジャージなどの部屋着の服装は、買い物をする気がないと見なされることがあります。このような服装で店に入ると、散歩程度のお客様として扱われる様です。

ラフな格好では、値引き交渉も成功しにくくなります。店員さんは、買う気がないと感じるお客には値引きを適当にしか提供しません。

逆に店員さんは売り上げを伸ばすため、購買意欲が高いお客様に声をかけることがあります。
整った服装で出向くと、店員が声をかけやすくなり、値引き交渉もしやすくなることがあります。
店員から声をかけられることで、値引きの機会も増えるでしょう。

値引き交渉をする場合には、整った服装でお出かけしましょう

 

スポンサーリンク

家電量販店での値引きの限界と相場

家電量販店での値引き交渉の限界と相場についていくつかの例を挙げながら紹介します。

まず、値引き交渉には明確な限界が存在しません。理論上、いくらでも値引き交渉が可能です。以下に友人の例を挙げてみましょう。

 

エアコン2台を同時購入&設置のケースでは、1台の購入設置で22万1500円のエアコンは2台設置時には総額44万3千円ですが、家電量販店で2台同時購入設置の内容で交渉し、2台合計で33万円に値下げができました。値引額は11万3千円ですので25%強の値下げです。

新婚の友人は家電製品をまとめて購入しました。最初の合計価格は約82万円でした。しかし、値引き交渉を行い、価格を10万円引き下げて72万円になりました。さらに、ポイントも倍近く付与されたため、合計で7万ポイントがたまりました。
このポイントを考慮すると、実質的には17万円も安く購入したことになります。これは元の価格に対して約20%以上の値引き率に相当します。

まとめ買いや特定の時期において、値引き率は大きく変動します。うまくタイミングを合わせることで、20%以上の値引きも可能と言えるでしょう。

 

値引き交渉の相場はネット次第?

値引き交渉の相場はオンラインの価格情報に近いところが多分にあります。

一般的に、家電量販店での値引き交渉がネットで提供されている最安価格を下回ることは難しいことがほとんどです。家電量販店には店舗運営にかかる人件費などが発生し、ネット価格の最安値には競り負けることがあります。

したがって、欲しい家電製品の最低価格を知るためには、ネットで相場感を掴むことが重要です。例えば、「楽天市場」や「Amazon」「Yahoo!ショッピング」などで商品を検索して、価格情報を調べることをおすすめします。

Amazonでは過去の価格変動履歴が多くの商品に掲載されており、価格の変動状況を把握しやすくなっています。また、価格.comも現在の価格情報が豊富に掲載されており、最も安い価格を確認するのに役立ちます。

ただし、家電量販店ではポイントやまとめ買いなどの特典を活用することで、ネット価格よりもお得に購入できる可能性があります。

 

スポンサーリンク

ヤマダ電機のネットショップで値切り交渉!

ヤマダ電機の公式オンラインショップ「ヤマダモール」では、ネット上での値引き交渉が可能です。

実店舗に行かずに価格交渉が行えるため、競合他社との価格競争において非常に魅力的です。

ヤマダ電機は企業方針として他店やネット価格に対抗しており、そのため家電を底値で購入できることが多いです

ヤマダ電機の公式オンラインショップでの価格交渉は非常に簡単に行えるため、お得な買い物が期待できます。

特定の家電を購入予定の方には、ヤマダ電機のネットで価格交渉がおすすめです。

ネット上での価格交渉は、対面で話すよりも手軽で効果的な方法です。

対面での交渉では言いにくいことも、ネット上では気軽に伝えられますし、時間をかけて検討したり回答を考えたりすることができます。

さらに、ヤマダ電機の公式オンラインショップ(ヤマダモール)では高いポイント還元率が提供されており、ネット購入が非常に魅力的です。

 ヤマダ電機おすすめポイント

・ヤマダ電機は圧倒的に家電が安い!
・ネットでも価格交渉が可能!
・ポイント還元は基本10%!サービス併用で12.5%まで可能

ただし、ネットでの購入時には配送料や設置費用が別途発生することがあるため、サイズや配送に関する情報を事前に確認することが大切です。

ネット上で値引き交渉可能!

ヤマダモール

 

スポンサーリンク

ネット通販・TVショッピングで安い物

家電量販店での値切り交渉のコツについて詳しくお伝えしてきましたが、ネット通販TVショッピングを利用することも価値がある場合があります。

ネット通販では、Amazon楽天などが特別セールを実施することがあり、この際に提供される目玉商品は通常価格よりも格段に安く設定されていることが多いです。特にタイムセールなどの限定商品は、お得感が高いことが魅力です。

さらに、TVショッピングでは数量限定や期限限定の特別価格の商品が登場し、これらの商品は家電量販店の価格を大幅に下回ることがあります。欲しい家電がタイミングよくTVショッピングで提供されている場合、購入を検討する価値があります。

ただし、ネット通販やTVショッピングを利用する際には、配送料や設置費用などについても注意深く確認しましょう。最終的なお得感を判断するために、総合的なコストを考慮することが大切です。

 

Amazonの売れ筋ランキング

 

スポンサーリンク

家電量販店での値引き交渉のコツのまとめ

家電量販店での値引き交渉のコツをまとめると、以下のポイントが重要です。

  1. 下調べを徹底しましょう: 購入前に欲しい家電の相場や他店の価格を調査しておくことが成功の鍵です。
  2. 買ってもいい家電をリストアップしましょう: 購入希望の家電を明確にし、店員の勧めに惑わされずに交渉できます。
  3. 他のお店の情報をチェックしましょう: 競合店の価格情報を確認し、交渉力をアップさせましょう。
  4. 交渉時に礼儀正しくコミュニケーションをとりましょう: 信頼関係を構築し、値引きの交渉がスムーズに進むよう心がけましょう。
  5. タイミングを利用しましょう: 土日や祝日、雨の日、決算時期など、売り上げ目標が高まる時期を狙って交渉しましょう。
  6. 大きい家電量販店を訪れましょう: 大型店舗は価格競争が激しく、値引きの余地が大きいです。
  7. まとめ買いを検討しましょう: 複数の家電をまとめて購入すると、値引き率が高まります。

これらのコツを守りながら、賢く家電を購入することで、お得な取引が実現し、予算節約ができる事でしょう。

 

家電量販店はどこが安いか?ランキング(内部リンク)はこちら↓

家電量販店の安いランキング!まとめ買いおすすめは?売上に店舗数も!
家電量販店はどこが安いか、まとめてみました。ポイントを貯めたい場合は、購入する店舗を1つの家電量販店に絞ることが重要です。家電を購入する際にどこで買うかを決め、その店舗でポイントを積み重ねましょう。4位: ケーズデンキ、3位: ビックカメラ、2位: ヨドバシカメラ、1位: ヤマダ電機 まとめ買いはビックカメラ