はじめに

はじめに

昭和46年創業以来、長年お客様から愛され育てていただいた「長崎ちゃんめん」。
新鮮で厳選された野菜を使用し、麺は自社工場で毎日製造、いつでも安心安全で美味しい商品をお客様に提供する為、こだわりを持って取り組んでおります。
一人でも多くのお客様に私達の「長崎ちゃんめん」を召し上がっていただけることが私共の励みとなっております。


pagetop

野菜へのこだわり

野菜へのこだわり

長崎ちゃんめんは、新鮮・安心野菜を各地域のお取引様にご協力頂き調達致しております。 麺は自社工場で製造しており、もちもち感とこしのある高品質オリジナル生麺を使用しております。

健康志向といわれる点

成人が1日に必要とする野菜の摂取量は約400グラムと言われています。
野菜たっぷりちゃんめんの野菜の量は通常の2倍!
1杯に約400グラムの野菜を使用しておりますので、ファミリーに大変人気であります。


調理へのこだわり


調理へのこだわり

具材を、少量の油で手早く炒める方法で、豚肉の旨味を油に浸透させ、野菜の旨み・食感を保ちながら素早く炒める。

この絶妙なバランスが崩れると、長崎ちゃんめん本来の、あの味を出すことが出来ません。中国料理でいいますと、高温の油で瞬間的に炒める『爆』(バオ)という調理法になります。

この炒めた具材を、特製スープの中に入った自社特製めんの上に盛り付ける。 このコンビネーションにより、創業昭和46年から続いた長崎ちゃんめんが完成されております。

これからも、お客様の健康を第一に考え、皆様に愛される長崎ちゃんめんとして感謝の気持を込めて提供してまいります。


pagetop

ブランドへのこだわり

ブランドへのこだわり

業態誕生秘話

「ラーメンじゃないよ。チャンポンじゃないよ。ちゃんめんだよ。」
ちゃんめんの特色を一言で言うと、ラーメンとちゃんぽんの合いの子商品と言うのが最もわかりやすい。
野菜や海産物など12〜13種類の具がボリュームたっぷりで、味は野菜や海産物の味がミックスした、さっぱりした飽きの来ない味を特色としています。
九州ラーメンのように油っこくないのも特徴であり、クセがなく女性にも子供にも好かれる味となっています。

受け継がれた伝統の味と技

「長崎ちゃんめん」では、昭和46年創業以来、中華鍋を使って直火で煽る「熟練の技」が必要になります。
「熟練の技」とは、強火で瞬間的に炒めることです。
「熟練の技」で炒めた野菜は、シャキシャキと歯触りがよく
野菜本来の旨みがギュッと閉じ込められていますので多くのお客様に満足して頂いております。


食材(スープ等)へのこだわり

「長崎ちゃんめん」のスープは、原料に丸鶏と豚はもとより国産指定農場で栽培した有機JAS認証のたまねぎを使用し、体に優しい、ヘルシーさを追求した健康スープに仕上げております。

 

pagetop

  • 長崎ちゃんめん店舗検索
  • 特選メニュー
  • 季節メニュー